格安レンタルコンテナ三選!汚れや盗難からあなたの大切なバイク・オートバイを守ります!

バイクを保管するなら
格安レンタルコンテナが最適!

トップページ > 山形県

「格安のレンタルコンテナは?」
「セキュリティはOK?」
「バイクも大丈夫?」


当サイトでは山形県にお住まいの方に、おすすめの格安レンタルコンテナを紹介しています。

バイクの収納場所にお困りの方はいませんか?

  • 自宅にバイクを駐輪するスペースがない
  • 雨や風、汚れからバイクを守りたい
  • バイク用品や整備道具と一緒に保管したい
  • 盗難からバイクを守りたい
  • エンジン音が気になるので自宅から少し離れた場所に駐輪したい
  • 排気量125cc超のためマンションの駐輪場に置けなかった
  • 月極めバイク駐車場が家の近くにない
  • バイクガレージ・バイクヤードが家の近くにない

マンションの駐輪場にはバイクの排気量によって、駐輪できないことがあるということをご存知ですか?

道路交通法の「道路交通法施行規則」の第一条に駐輪場に停められるのは50cc以下と定められており、50cc以上を停める場合には、消防法の定める駐車場に該当し、消火器やスプリンクラーが必要になるのです。

ですので、原付一種(排気量50cc以下)であれば道路交通法により自転車として扱われるため駐輪場の利用が認められるのですが、原付二種(排気量125cc以下)なると定められた場所に置く必要があり、マンションによっては該当設備を用意していないところも珍しくないのです。(2006年より50cc超の自動二輪車については駐車場法の適用を受けることが定められています。)

また、月極めの駐車場の場合、騒音などのトラブルや風で倒れる等と言った諸問題を理由に駐輪を拒否されてしまうことも多く、専用のバイクガレージやバイクOKの月極め駐車場は、自宅から遠く徒歩で行ける距離ではないということも…。

そこでオススメなのがレンタルコンテナです!

レンタルコンテナは貨物等に利用するコンテナを用いた収納スペースです。

見かけたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

駐輪場の代りとして利用する方も多く、専用スロープ等が用意されているレンタルコンテナもあります。

バイクを保管するなら
格安レンタルコンテナが最適!

首都圏最大数!
評価店舗数種類
★★★★★全国1515物件
76355室
屋内型・屋外型
温・湿度管理駐車場出し入れ
屋内型○/屋外型△屋内型△/屋外型○
※コンテナ前まで乗入可
屋内型○/屋外型△
※時間制限がある物件有
  • バイクの駐車場として利用可能(屋外型)
  • バイク収納時に便利なラダーレールレンタル可能
  • セコムまたはALSOKの2重ロックで24時間使用可能(屋内型)
  • コンテナボックスで使用する便利グッズの販売(棚・ラック等)

【便利なサービスが充実】
ハローストレージでは運転手つきレンタルトラック「レントラ便」や、荷物の搬出入を行う「らくらく運搬サービス」、不要になった荷物を処分する「らくらく処分サービス」などトランクルームを使用する上で便利なサービスが充実しています。

【ハロー安心保証パック】
鍵を紛失してしまったときでも安心なのがハロー安心保証パックです。セキュリティカードの再発行(10,800円や)や、南京錠再発行・鍵切断(10,800円)など、月々390円~で保証を付けることができます。


月額2,520円~!
評価店舗数種類
★★★★☆全国450拠点以上屋内型・屋外型
温・湿度管理駐車場出し入れ
屋内型○/屋外型△屋内型△/屋外型○
※コンテナ前まで乗入可
24時間自由
  • 月額2,520円~
  • 24時間利用可能
  • 短期利用可能

【最大3か月賃料無料キャンペーン】
コンテナルーム15現場以上、バイクコンテナ5現場以上がキャンペーン対象です。関東、関西、東海、中部など対象物件は全国にわたります。詳しくはお問い合わせください。

【新型バイクコンテナの特徴】
開閉時に隣の建物や車にぶつけてしまわない様に扉はシャッター仕様になっています。また、キズに強くて加工性が良く極めてサビ難い材質を採用することで経年劣化による錆に強いという特徴があります。


総掲載施設数No.1!
  • トランクルームやコンテナボックスを簡単比較
  • 希望の収納スペースを簡単に探せる
  • 希望条件で楽々絞込み

【収納スペースを簡単比較】
LIFULLならトランクルーム・レンタル倉庫・レンタルコンテナを検索、簡単に比較することができます。 地域、広さ、賃料、条件などで絞り込むことができるため、希望に沿った収納スペースを簡単に探すことができます。

まとめ

レンタルコンテナを利用してみたいけど、いまいち違いがよくわからないという方のために、おすすめの格安レンタルコンテナを紹介しています。

山形県の方向けはじめてのレンタルコンテナQ&A

レンタルコンテナを利用してみたいけど、預けて良いものや駄目なものがわからないという方、契約条件や必要書類などよくわからないという方、まずはレンタルコンテナについて知ることからはじめましょう。レンタルコンテナに関係した様々な情報をQ&A方式でご紹介します。

Q.レンタルコンテナの選び方を教えてください。

A.目的に応じて選びましょう。

収納する物や、利用料金(諸経費)、セキュリティ、利便性など各社それぞれ異なりますので、目的に応じて選ぶことをおすすめします。

例えば温・湿度の管理が必要な楽器などを収納する場合は、屋内型で保管することをおすすめします。

Q.トランクルームとレンタルコンテナの違いは何ですか?

A.屋内と屋外の違いがあります。

トランクルームは主にテナントやビルの一部を収納スペースとして利用します。パーティションで仕切られている場合もあります。

コンテナ(コンテナボックス・レンタルコンテナ等)は貨物などで利用される海上輸送用コンテナ等を収納スペースとして利用します。車で乗り入れ可能な点やバイク収納可能な点などのメリットもあります。

Q.トランクルームと貸倉庫の違いは何ですか?

A.倉庫業法の違いがあります。

貸倉庫(レンタル倉庫)は、倉庫業法に基づかないため業者は保管品に対する保管責任を負わない場合があります。

トランクルームは倉庫業法によって、国土交通省に認可された業者のみ使うことができる呼び方となっており、物品の保管保証があります。

Q.トランクルームとレンタルスペースの違いは何ですか?

A.運営者が異なります。

レンタルスペースは、不動産賃貸業者が運営します。(コンテナも同様です。)

トランクルームは国土交通省に認可された業者が運営します。

Q.収納していはいけないものはありますか?

A.はい。

基本的に危険物、動植物、異臭・悪臭を発する物、貴重品、公序良俗に反するような品物、塗料等は、収納禁止品目と定められているところが多いです。詳しくは各社の約款をご参照ください。

Q.レンタルコンテナ内で軽作業はできますか?

A.できません。

レンタルコンテナ内に長時間滞在することを禁止しているところがほとんどですので、荷物の出し入れに伴う作業以外は行うことができません。

Q.レンタルコンテナに住むことはできますか?

A.できません。

レンタルコンテナの契約条件に住居として利用することは禁止と明記されているところがほとんどですので住むことはできません。また、身分証の提示も求められることから住所不定の方も借りることができません。

Q.火災や盗難被害に遭った場合補償はありますか?

A.あります。

ハローストレージ(Hello Storage)は、保険会社の規定に基づき、屋外型は最大50万円、屋内型は最大100万円の範囲で補償してくれます。

スペースプラス(Space Plus)は、動産総合保険プランが用意されています。

Q.24時間いつでも利用できますか?

A.基本的には24時間利用可能です。

基本的には24時間利用可能ですが、場所によっては時間制限がある物件もありますのでご注意ください。また、早朝・深夜にご利用される際には、近隣住民へのご配慮をお願いします。

引っ越し・レンタルコンテナの基礎知識コラム

せっかくバイクを購入したのに排気量や消防法の関係でマンションの駐輪場に停車しておけないということがあるそうです。では、その場合どう対応したら良いのでしょうか。

ひとつは引っ越しですが物件探しや引っ越し費用の負担は大きいです。

レンタルコンテナを活用してみるのもいいのではないでしょうか。専用のスペースでは本体のみ入るスペースがあるものや整備用品やパーツなどを一緒に保管しておくことができることもあります。
また、通常のコンテナ型の場合はメンテナンス用品をパーツなどを一緒に置いているという方もいるようです。

可能であれば内見をして通気性などを確認してから契約しましょう。日本の住宅は海外に比べ狭いという住宅事情から家にあまりものを置かないようにしたり、数年前に断捨離が流行りましたよね。

でも、冬物衣類やしかし毎年、冬になるとスキーに行く、夏になるとサーフィンに行くという人は道具を処分したくないはず。収納場所は欲しいけどものは捨てたくない方には、トランクルームの利用をお勧めします。

基本的に屋内型と屋外型の2種類があり、屋内型の場合、多くの業者で空調管理を完備しており、梅雨の時期などの湿度でカビになる心配が低いので使う時期が限られているものや書籍や美術品などにお勧めです。



逆に屋外型の場合は、日曜大工の道具や園芸用品など頻繁に、もしくは定期的に使うものを入れるのを勧めます。世間一般的にトランクルームと呼ばれているサービスは大きく分けて倉庫業者の営む「トランクルーム」と非倉庫業者の営む「レンタル収納スペース」の2種類があります。



不動産業者など非倉庫業者の行う「レンタル収納スペース」の2種類があります。倉庫業者の行なっているサービスは倉庫業法により預かったものに対して保管義務があり、破損や紛失があった際に保証を受けられます。荷物の管理が厳しいので引き渡しには営業時間中の立会いが必要になります。



一方、不動産業者などの行なっているサービス内容は、荷物を預かるのではなく、収納するスペースを貸すという形になるので、荷物を紛失したとしても保証は受けられません。こちらは、場所を貸しているだけなので原則24時間利用ができます。家の荷物の一時保管や災害時の備蓄など様々な利用方法のあるレンタルコンテナですが一般的に言われているレンタルコンテナは実は法律の観点から見ると違います。私たちのイメージするビルの1室や屋外のコンテナを借りて物品を保管するのは正確にはレンタルボックスという区分になります。法的にレンタルコンテナという呼称のサービスは、倉庫業法に基づいて運営されており、業者と寄託契約というものを結びます。そのため、運営会社は預かるモノの管理義務があり、破損をした場合は補償が受けられます。



レンタルボックスの場合では、収納するスペースを貸すという形になるのでもし物品に破損があったとしても原則補償はありません。

あくまで物品の管理は自己責任ということですね。

家の老朽化でリフォームを考えている型の中にはどうしたらいいんだろう?という相談を受けました。



いらない家具をリサイクルショップなどで処分するのもいいのですができれば思い出の家具は処分したくないものです。そこでレンタルコンテナを活用してみてはいかがでしょうか。
レンタル収納を運営する業者の多くは1ヶ月、3ヶ月単位での契約ができるので短期利用もできます。間取りが3LDK以上の方は3畳以上の広さを借りるようにしましょう。
他にも、スキーなどをする方はオフシーズンの間だけ契約して湿度管理の大変な自宅よりも屋内型のルームを利用する方もいます。郊外を車で走行していると通り沿いの空き地などに貨物コンテナを積んだレンタルコンテナを見かけます。荷物を収納できるくらいの認識を持っている方が多いと思いますが実際に利用するとどんなことができるのでしょうか。

まず、一般的にレンタルコンテナと呼ばれるものには屋内型と屋外型の2種類があります。

屋内型の場合では、基本的に空調管理ができるところが多く冬服や美術品など湿度によるカビや高温での劣化などを気をつけたいものを預け入れることができます。

湿度管理ができるのでスノーボードやスキーなどを行う方はオフシーズンだけ契約してなるべく劣化させないように保管する方もいるそうです。

原則として出し入れ自由なところが多いですが業者によっては営業時間が設定されていることがあります。

山形県の方向けレンタルコンテナお役立ち情報

格安レンタルコンテナは
ハローストレージがおすすめ

山形県で格安レンタルコンテナはハローストレージ!